スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんで

  • 2011/10/05 17:51
  • Category:
てんで駄目な僕は
まるでなっていない僕は
せめてこうしようとした僕は
あえて逃げようとしなかった僕は

さも正しいかのように僕は

いつも通りに歩いています

  • 2011/10/03 14:14
  • Category:
迫り来るものを
例え 幾つ切り倒したとしても

ただ、あなた一人だけを
受け止めることができないのだから

ひずみ

それらは皆
少しズレているので

春の雪
夏の雨
秋の蝶
冬の華


死の匂いが濃くなっていけばいくほど、
色彩鮮やかに浮かび上がってしまうもの

D

  • 2011/08/14 02:03
  • Category:
それは残酷で残酷で


どうせなら 深く抱かれていたいもの

探求

正しい言葉は
正しい道は
正しい形は

どこにも

それではわたしは一体どこへ?

よくよく見てみれば、
てのひらが無数に伸ばされている

FC2 Blog Ranking


その淵は 
はるか記憶の彼方へと
伸びている

その淵は
気づけば手のひらの上にあり

その淵は
片方の目の上を通りすぎていく

その淵は
いつの間にか肩を抱いて

その淵は
既に無くなっていた

FC2 Blog Ranking


ゆめ

  • 2011/03/25 23:19
  • Category:
雨が降る

風が吹く

木々が鳴く

まっしろなレースの生地に

こぼれ落ちたひとつの芽

流れ落ちたひとつの鍵

崩れ落ちたひとつの恋

FC2 Blog Ranking


Pagination

Utility

プロフィール

春雪(はるゆき) 

Author:春雪(はるゆき) 
*Since 2006/1/12*>



コメントいただくと喜びます
このブログの記事全てにおいて無断転載はお断りします
著作権は放棄しておりません


おしらせ
春雪(はるゆき)の詩をのせていただきました
「ざれごと」という名前で投稿させていただきました
コチラ
素敵なサイト様です

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。