スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よるのうた

夜中の散歩

こんなことをしていても

なんにもならないと分かっていてはいても

夜中の散歩

僕はどこまでもどこまでも

分からないまま 泣き崩れる
スポンサーサイト

二律背反

少し
心が動いたとき

嬉しくても悲しくても
その両方でも

涙は枯れずに流れてくる

涙は枯れずに流れてくる

狭視

  • 2011/11/01 12:37
  • Category:
わたくしは非常に狭視であり
そのこころもちが 自身を苦しめるのです

愛するものを 近くにあるはずのものを
見失うようになるのです
その 狭視のためにです

躁と鬱の繰り返しのように
月の満ち欠けのように
波が寄せて返すかのように
人生の山と谷のように…

浮いては沈む時の流れを
受け入れることが できないでいるのです

Pagination

Utility

プロフィール

春雪(はるゆき) 

Author:春雪(はるゆき) 
*Since 2006/1/12*>



コメントいただくと喜びます
このブログの記事全てにおいて無断転載はお断りします
著作権は放棄しておりません


おしらせ
春雪(はるゆき)の詩をのせていただきました
「ざれごと」という名前で投稿させていただきました
コチラ
素敵なサイト様です

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。