スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰色

黒でもなく 白でもなく 灰色の
わたしの影が 揺れている

マリア様の像の影だって 灰色だった
記憶の中で ゆるやかに薄れていく想い

単純な言葉を たどたどしく指でなぞるように
怖がりながら くちびるを 震わせる

誰かに触れられるのを待つ 花びらは
かすかに水をたたえながら 振動する

スポンサーサイト

天使の階段

  • 2007/08/30 04:40
  • Category:
光こぼれる天使の階段

天使は 降りてくるの? 昇ってゆくの?

誰かが 言った

「天使が昇っていくんだよ」

私は 言った

「それじゃあ天使がいなくなっちゃう。
 いつ天使は降りてくるの?」

雲を割り 雲が割れ

光がこぼれる

コスモス

  • 2007/08/16 18:53
  • Category:
夏が終われば 僕たちは 
いつもどうりに 忘れていくんだろうか

汗で張り付く シャツの感触

のぼせたままで 置き去りの

焼けた素肌 アイスクリーム

君の体温 握った手の熱さ

合わせたくちびる 隠した涙

もう コスモスが咲いている 

熱い、暑い

抑えきれない 僕の熱

夏の暑さが 身体 火照らすから

自分で 自分 抱き締めて

  困らせて、ごめんね

でも 熱い



月光

  • 2007/08/13 17:36
  • Category:
私の姿を照らし出す 薄明るい月

夜の光の優しさが 好き

私の道しるべ

今も これからも

私は 月に照らされて生きる

ねがいごと

  • 2007/08/12 22:19
  • Category:
彼がのぼった階段を

僕ものぼっていくような

Laudate 天上への響き

蠢く人々の 息遣いは

幾つものときを超えても 変わらずに

Dominus Deus どうか

ふたりが 変わりませんように

どしゃぶりの

  • 2007/08/11 21:10
  • Category:
すべて 

流れ去ってしまえば良い

どしゃぶりの 雨の下

猫が 走っていく

一瞬で 僕の熱を奪っていった雨に

この身体 くれてやる

Pagination

Utility

プロフィール

春雪(はるゆき) 

Author:春雪(はるゆき) 
*Since 2006/1/12*>



コメントいただくと喜びます
このブログの記事全てにおいて無断転載はお断りします
著作権は放棄しておりません


おしらせ
春雪(はるゆき)の詩をのせていただきました
「ざれごと」という名前で投稿させていただきました
コチラ
素敵なサイト様です

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。