スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにげない

  • 2007/01/22 22:43
  • Category:
なにげないことで 涙して
なにげないことで 嬉しくなって

あなたのおかげだと思う
穏やかなココロを育ててくれる
スポンサーサイト

いっしゅうねん。

  • 2007/01/12 20:15
  • Category: お題
間に合いましたヾ(*・∀・)ノシ゚.:。+゚ ヤッタァ

また一年後にもこういうのをやれたらいいなあと思います。
皆さんありがとうございました。


盛者必衰  時野 水面さん

思い葉    響きわたるさん

二人静    さん

想い      黒天龍さん

明鏡止水   静蒼-seiso-さん

Sympathizer  deekさん


Sympathizer

  • 2007/01/12 19:43
  • Category: お題
じゃあ また 明日ね と
交わす 言葉を 大切に

手をふり 帰る 帰り道

いつも 変わらず そばにいる
きみと あなたと きみと あなたと
いくつも いくつも 涙しながら
いくつも いくつも 笑います

じゃあ また 明日ね と
交わす 言葉を 大切に

いつか離れるときがきて
思い出になる このときに

また 明日ね と 強く思って

盛者必衰  

  • 2007/01/12 19:36
  • Category: お題
還る 土さえ 無くなって
風化してゆく 儚さは
散る 桜花の それに似て

愛や 恋など 揺らめいた
道化の街の 哀しさは
降る 五月雨の それに似て

倒れ 消えゆく その後に
また 生まれくる 命が あり

明鏡止水

  • 2007/01/12 19:36
  • Category: お題
僕らが小さいころ見た風景は
ただ 木々があり 山があり
なんのへんてつもない 風景でした

やまびこが かえってくるような風景でした
どうか
あの時間を もう一度
やまびこが 僕を呼んでいる気がしました

キカイテキ な 音にはもう 慣れました
アイソワライ は 上手になりました
そうして
忘れていくものが何なのか
分からなく なるのです

僕らが小さいころ見た風景は
ただ 木々があり 山があり
なんのへんてつもない 風景でした

僕らにとって
あれが
たいせつな 風景なのだと
僕らは 忘れていき

ときおり 思い出しては
はっきりと 風景が浮かばないことを
悔やむのでしょうか

思い葉

  • 2007/01/12 19:28
  • Category: お題
まるで 木の葉が 重なるように
僕らも 手を 合わせてみましょう

大きさの違う 手 ではありますが
温度の違う 手 ではありますが

確かに 重なり合って

よくもまあ 同じ枝に 生まれたものだ と
木の葉たちは 言っているのでしょうよ

よくもまあ あなたに 出会えたものだ と
僕は いつでも 思っておるのです

二人静

  • 2007/01/12 19:28
  • Category: お題
つう

こちらへ 一歩
こちらへ 一歩

ひら

揺れる衣
揺れる衣

つう

あちらへ 一歩
あちらへ 一歩

悲しや
悲しや

と 言ったのかどうかは 知らないけれど

つう

こちらへ 一歩

想い

  • 2007/01/12 19:27
  • Category: お題
どうか この想いだけは 
お願い 変わらないでいて

私は きっと
臆病すぎるくらい 臆病に
あなたを 想っている

私のココロのカケラを 
あなたに 預けておくから
割れないように 見ていてあげて ね

おしらせ。

  • 2007/01/11 00:00
  • Category:
*一周年にむけてお題を募集したいと思います。

*本日7日~10日まで、この記事のコメント欄にてお題を募集します。
*その際には、「お題考えてあげましたわよ。心してお作りなさい?」という感じのひとことをそえていただけると嬉しいです。
*いただいたお題にそって製作した詩は、日々の戯言に掲載し、同時に提供してくださった方に捧げます。
(サイトをお持ちのかたは是非お持ち帰りください。)
*12日に掲載します。

どうぞよろしくお願いします。

 ~いただいたお題~
*盛者必衰   時野 水面さん
*思い葉    響きわたるさん
*二人静    絆さん
*想い     黒天龍さん
*明鏡止水   静蒼-seiso-さん
*Sympathizer  deekさん
ありがとうございます^^
はりきって書きますねv


***********お題募集は終了しました。ありがとうございました。***********



ぽかぽか

  • 2007/01/05 20:17
  • Category:
今日はただ

キスをください

あなたから

そんな天気の 

小春日和

いやおうなく

全てが眠ったように見えた

きみがここから きえたひ

またとおざかってゆく ひ

いやおうなしにぼくらは

大人になっていく

いやおうなしにぼくらは

あの頃に背を向けて歩く

一 周 年 に向けて?笑

  • 2007/01/03 21:17
  • Category:
1月12日で、日々の戯言を開設して一周年になります。
(もう1年も経っちゃうのですね。)
何か記念にやりたいかも……v
(案は特に無いのですv)
なにをやったらいいんでしょうね(笑)
(たぶん一年間の感想とかを長文にするんじゃないですかね(笑))
開設当初からこのブログを見てくださっている方も、最近遊びにきてくださっている方にも感謝っす。
(今記事たちを読み返してみると懐かしく、文章が今と違う気がするっす。)
とりあえず、なんかしたいなぁ~
(とりあえず、冬休みは8日までだなぁ~)


と、いうことでv

独白

  • 2007/01/03 14:14
  • Category:
月は 太陽の光を受けて それで 見えるのね
だから 私は 月でいたいと 思った

  • 2007/01/01 13:58
  • Category:
緑の海に沈んでいた私
熱気に揺れるような 命たち

セミの声だけで 一面が振動していた
大きな虫に出遭っては 逃げていた
怖かった しかし また 外へ出ていた

コンクリートがゆらぐ陽炎
沢にはザリガニがいた

緑の海に沈んでいた私
熱気に揺れるような 命たち

あれは 夏 だった

Pagination

Utility

プロフィール

春雪(はるゆき) 

Author:春雪(はるゆき) 
*Since 2006/1/12*>



コメントいただくと喜びます
このブログの記事全てにおいて無断転載はお断りします
著作権は放棄しておりません


おしらせ
春雪(はるゆき)の詩をのせていただきました
「ざれごと」という名前で投稿させていただきました
コチラ
素敵なサイト様です

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。