スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙なメンバー

  • 2006/08/16 23:22
  • Category:
大勢でどこかに行って おいてけぼりをくらう夢
必死で追いかけたけど 誰もみな待ってはくれない
泣きそうな顔をして僕は 走ってたんだろうきっと

一緒にいるはずのない人が 同じ場所にいたんだよ
次々と現れては消えてった 今までに出会ってきた人達
スポンサーサイト

しばらくは

  • 2006/08/16 00:01
  • Category:
ヒトリで泣く夜には 綺麗な歌を聞いて
流れる涙が止まるまで 拭うことはしないで

思い出に変わってきた 幼い恋は まだ 私を締め付ける

のみ

  • 2006/08/11 14:51
  • Category:
だいすきな ウタが 聞けて
きみの横で 眠っていられる
暖かさが 愛しすぎるのは
悪いコトじゃ ない よね

思い出が 綺麗すぎるのは 当然
気持ちを整理できる日は くるかな
踏み出せないのは 私
ブレーキをかけるのは 私

ジツは 遠くに行って欲しくないのだけれど
何も気にしないで 前へ 進んでください
きみのコト 一番知ってるつもりでいたいから
「おうえんしてます。」 それだけ言わせて

である

  • 2006/08/03 22:32
  • Category:
うつむく太陽を眺めながら
大好きな歌をうたっている

蝶が舞い遊ぶ場所で
君のそばで笑っている

楽しみなはずの明日を思うとき
無性に不安になるのである

過去完了

  • 2006/08/03 09:29
  • Category:
口先だけの約束交わして 愛を騙っていたかな
もがくだけでは意味が無いのに それ以外何も無かった
騒音の中では息が出来なくて いつも苦しかったよ
飽きられること恐れるのに 自分自身に飽きているんだね

明るすぎる夜の真っ只中で 
きみは暗闇が怖いって泣き続けるね


Pagination

Utility

プロフィール

春雪(はるゆき) 

Author:春雪(はるゆき) 
*Since 2006/1/12*>



コメントいただくと喜びます
このブログの記事全てにおいて無断転載はお断りします
著作権は放棄しておりません


おしらせ
春雪(はるゆき)の詩をのせていただきました
「ざれごと」という名前で投稿させていただきました
コチラ
素敵なサイト様です

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。