スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よるのうた

夜中の散歩

こんなことをしていても

なんにもならないと分かっていてはいても

夜中の散歩

僕はどこまでもどこまでも

分からないまま 泣き崩れる
スポンサーサイト

二律背反

少し
心が動いたとき

嬉しくても悲しくても
その両方でも

涙は枯れずに流れてくる

涙は枯れずに流れてくる

ひずみ

それらは皆
少しズレているので

春の雪
夏の雨
秋の蝶
冬の華


死の匂いが濃くなっていけばいくほど、
色彩鮮やかに浮かび上がってしまうもの

探求

正しい言葉は
正しい道は
正しい形は

どこにも

それではわたしは一体どこへ?

よくよく見てみれば、
てのひらが無数に伸ばされている

FC2 Blog Ranking


その淵は 
はるか記憶の彼方へと
伸びている

その淵は
気づけば手のひらの上にあり

その淵は
片方の目の上を通りすぎていく

その淵は
いつの間にか肩を抱いて

その淵は
既に無くなっていた

FC2 Blog Ranking


畏怖

小さく小さく震えている

大きな大きな世界の隅で

頑なな身体と

柔らかすぎる心を抱えながら

FC2 Blog Ranking

引っ掛かって
大きくなって
戻らなくなる
戻れなくなる…

Pagination

Utility

プロフィール

春雪(はるゆき) 

Author:春雪(はるゆき) 
*Since 2006/1/12*>



コメントいただくと喜びます
このブログの記事全てにおいて無断転載はお断りします
著作権は放棄しておりません


おしらせ
春雪(はるゆき)の詩をのせていただきました
「ざれごと」という名前で投稿させていただきました
コチラ
素敵なサイト様です

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。