Title List

『冴え返る』

どうすればまた ここにあなたの存在を 見
  • 2015/02/20 02:36

『検討中』

春の雪、冬の華上記ブログでも詩を更新中で
  • 未分類
  • 2012/01/20 00:04

『よるのうた』

夜中の散歩こんなことをしていてもなんにも
  • 黒っぽい
  • 2011/11/05 20:39

『二律背反』

少し心が動いたとき嬉しくても悲しくてもそ
  • 黒っぽい
  • 2011/11/01 12:55

『狭視』

わたくしは非常に狭視でありそのこころもち
  • 2011/11/01 12:37

『いつまで』

いつまで 笑っていることができるのか
  • 2011/10/11 16:35

『浮力』

ストローをつつむ気泡のひとつひとつマグカ
  • 2011/10/09 20:57

『てんで』

てんで駄目な僕は まるでなっていない僕は
  • 2011/10/05 17:51

『迫』

迫り来るものを例え 幾つ切り倒したとして
  • 2011/10/03 14:14

『ひずみ』

それらは皆少しズレているので春の雪夏の雨
  • 黒っぽい
  • 2011/08/14 02:07

『D』

それは残酷で残酷でどうせなら 深く抱かれ
  • 2011/08/14 02:03

『探求』

正しい言葉は正しい道は正しい形はどこにも
  • 黒っぽい
  • 2011/03/27 23:23

『淵』

その淵は はるか記憶の彼方へと伸びている
  • 黒っぽい
  • 2011/03/27 00:13

『ゆめ』

雨が降る風が吹く木々が鳴くまっしろなレー
  • 2011/03/25 23:19

『となり』

小さくあくびした隣で大きく口を開ける人遠
  • 2011/03/24 23:01

『エイプリルフール』

エイプリルフールにつく嘘が本当になればい
  • 2011/03/22 15:28

『畏怖』

小さく小さく震えている大きな大きな世界の
  • 黒っぽい
  • 2011/03/21 20:18

『無題』

さよならの旗を振る無言の道を行く真っ白な
  • 2010/05/10 12:26

『残像』

祭りの日に 出会うのはクレープ 焼きそば
  • 2010/05/06 11:33

『ダンボール』

いつからか 果てなき空の果てを知り手をつ
  • 2010/04/26 23:03

『未だ』

春 青く草のにおいと石の照りつけを背に受
  • 2010/04/23 23:14

『町並み』

うぐいすの 声遠く戸に叩きつける雨音が私
  • 2010/04/22 21:51

『梵』

半分も分からない文字の群れに沈むぐるぐる
  • 2010/04/21 23:11

『根』

静かに 繋がってゆくのは慌ただしく伸びゆ
  • 2010/04/20 00:03

『伝言』

そういえば ちょうど終わったころ思ったよ
  • 2010/04/19 10:50

『冬の華』

君は どこへ私は どこへ向かう先すら 見
  • 2010/04/11 01:17

『秋の蝶』

忘れた頃に流れ出す 誰も知らない歌がある
  • 2010/04/08 15:01

『夏の雨』

波打つ窓に 色ひとつ貴方の傘の 涙色呼び鈴
  • 2010/04/08 14:57

『春の雪』

春の雪あなたは 私の前に現れたあなたの声
  • 2010/04/07 14:28

『春』

例えば80回の 例えば20回の春を繰り返し 次
  • 2010/01/01 15:28

『比喩』

ひゅるり 雲は暗く浮かんで 真っ白い雪を抱
  • 2009/12/30 17:41

『突』

引っ掛かって 大きくなって戻らなくなる戻
  • 黒っぽい
  • 2009/12/30 01:30

『あてどなく』

あてどなく 行けども 行けども がらんどう
  • 2009/10/03 20:35

『きみの』

君の教科書、君のシャツ、君のタオル、君の
  • 2009/07/31 00:27

『みえないもの』

見えないもののほうが大事だと、貴方は言う
  • 2009/07/30 23:36

『いのり』

落ちかけのタイヨウに早々に切り上げてしま
  • 2009/03/30 10:37

『ブログタイトルを』

少し変更しました。詩も更新しようと思いま
  • 2009/03/28 22:39

『応援の辞』

そうだ 苦しくても笑えお前は岩を砕いて咲
  • 2008/11/05 21:34

『永久』

わたし 土に還って永遠になるわ あなたのた
  • 2008/11/03 22:08

『所謂』

冷めない夢を 見るのです私の胸は その為に
  • 2008/09/12 23:29

『ひねもす』

図書館の長机差し込む光にまどろんでいるよ
  • 2008/09/07 23:34

『晩夏光』

傾いた陽が照らす 鏡の中の君あの日合わせ
  • 2008/09/04 21:15

『残酷』

残酷な愛を ありがとう恋する気持ちなんて
  • 2008/09/02 20:10

『添う』

土砂降りの雨の中 窓を打つ音と眠る
  • 2008/07/11 23:58

『ヨル』

サミシイトキニハヒトリデ ナクシカナイノ
  • 2008/07/07 22:45

『望』

今までにないほど 待てるから 待てるから気
  • 2008/07/02 23:48

『現在=いま』

半透明な膜の向こう側見えそうで見えないミ
  • 2008/06/25 22:04

『世界の』

世界の終わりのような 赤
  • 2008/06/23 20:12

『Only』

きみだけ 居てくれれば それでFC2 Blog R
  • 2008/06/22 22:00

『断片』

さらさら 零れ落ちる瞬間とても とても綺
  • 2008/06/21 21:06

『Blue Sky and Your Eyes』

ねえ 空が青すぎて 僕は悲しいよひとりぼ
  • 黒っぽい
  • 2008/06/20 22:44

『rainy days』

降り続く雨に 溶けそうな心持て余して私は
  • 黒っぽい
  • 2008/06/20 20:13

『again again』

その悲しさを かき消す君の声が遠くて 僕
  • 2008/05/30 22:42

『』

こっそり誕生日・・・
  • 2008/05/30 22:17

『ミライ』

僕が生まれる前の世界を 僕は 知らないか
  • 2008/05/23 19:18

『或る風景』

だってそうだわいつだってあなた 嘘をつく
  • 2008/04/06 12:04

『気づかなかった』

誰の言葉が 本当なのか誰の笑顔が 本当な
  • 黒っぽい
  • 2008/04/04 20:29

『深淵』

手を伸ばせば 届きそうな光が目覚めた途端
  • 黒っぽい
  • 2008/04/01 13:09

『幻影』

幻影に潜む貴女の笑顔は 果たして 僕に向け
  • 2008/03/30 06:34

『月明かり』

真っ暗な空にたったひとつ 浮かぶ月は 眠っ
  • 2008/03/22 08:17

『どうして夢は』

いつまで僕の夢は僕の夢でいてくれるんだろ
  • 2008/03/20 17:56

『マフラー』

きみの匂いのするマフラーぎゅっと抱きしめ
  • 2008/03/16 21:29

『かたすみで 』

伝わないことが多すぎて 息ができないくら
  • 2008/03/14 22:02

『ノゾミ,モテズ』

聞いてくれる?ボクのキモチ とっても悪い
  • 2008/03/10 11:51

『はかない』

言葉は たいへんに儚いのですぐ 消えてし
  • 2008/03/04 19:53

『こい』

なみだがたくさん溢れる 止まらなくて 止ま
  • 2008/03/03 21:44

『これから』

幸せになれる って思うそのとき 隣にいるの
  • 2008/03/02 21:27

『ららりら』

全ては 僕の ワガママ?I wish ...だって
  • 2008/03/01 21:20

『あい』

天への憧れ 果てなく終わらない 終われない
  • 2008/03/01 21:03

『粛々』

春の雪 人待つ椅子の 整然と 卒業の日の 朝
  • 2008/03/01 20:54

『限界』

壊して 壊していつのまにか何も聞こえなく
  • 2008/02/29 21:28

『春待ち』

雪に閉ざされた この街にも やがて来る 春
  • 2008/02/27 21:55

『さけび』

失って初めて気がつくほどの大切さならいっ
  • 2008/02/26 22:19

『星の砂』

かわいいね おほしさまの かたちうみべでみ
  • 2008/02/25 22:15

『いたみ』

悼み 悼み 悼み そうして感じる 痛み もの
  • 2008/02/25 21:51

『或る序章』

ひっきりなしに動く 人の波かいくぐって 
  • 2008/02/22 18:37

『つきよ』

満月を伝えるメール送信中同じ夜空を見れた
  • 2008/02/21 22:05

『さあ』

夜はもう終わった春はすぐそこださあ 出て
  • 2008/02/13 18:41

『2周年』

「桜」紫色の空の中から 降りてきた思い出
  • お題
  • 2008/01/12 22:21

『おしらせ』

*2周年にむけてお題を募集したいと思いま
  • 未分類
  • 2008/01/07 17:39

『みちゆき』

遥か向こうから遥か彼方へ通りすぎてゆく 
  • 2007/11/10 21:25

『みえてる?』

みえてる みえてる?うそ!みえないでしょ
  • 2007/11/05 18:55

『どうしようも、ない』

そういうものを 求めているのは 私だけで
  • 2007/11/04 15:21

『進むべき道、ホントの自分』

僕の前には 広大に広がる大地がある僕は自
  • 黒っぽい
  • 2007/09/10 19:44

『ナミダ、ノチ』

ナミダのあと 必ず笑えるのはあなたがいる
  • 2007/09/09 21:30

『さみしさは』

ひとり バスを降りひとり バスを見送った
  • 2007/09/07 19:40

『灰色』

黒でもなく 白でもなく 灰色のわたしの影
  • 黒っぽい
  • 2007/08/30 19:53

『天使の階段』

光こぼれる天使の階段天使は 降りてくるの
  • 2007/08/30 04:40

『コスモス』

夏が終われば 僕たちは いつもどうりに 
  • 2007/08/16 18:53

『熱い、暑い』

抑えきれない 僕の熱夏の暑さが 身体 火
  • 黒っぽい
  • 2007/08/16 18:44

『月光』

私の姿を照らし出す 薄明るい月夜の光の優
  • 2007/08/13 17:36

『ねがいごと』

彼がのぼった階段を僕ものぼっていくような
  • 2007/08/12 22:19

『どしゃぶりの』

すべて 流れ去ってしまえば良いどしゃぶり
  • 2007/08/11 21:10

『僕は』

僕は今地平線を見据えて立つ僕は 新しくな
  • 2007/07/14 18:02

『暮れた』

暮れ切った空の下 近くにいるのはせみだけ
  • 2007/07/10 20:58

『たなばた』

てんのかみさまが おいかりになられました
  • 2007/07/09 21:10

『』

ただ 眠れない さみしくて
  • 2007/07/09 01:25

『夕暮れ』

それは まったくひどいことだったぼくは 
  • 2007/07/08 20:06

『Blue Song』

気づけば 不安に飲み込まれる同じ間違い 
  • 2007/06/25 20:28

『僕の朝』

目を開けたらいつもの自分部屋じゃなかった
  • 黒っぽい
  • 2007/06/24 19:30

Utility

プロフィール

春雪(はるゆき) 

Author:春雪(はるゆき) 
*Since 2006/1/12*>



コメントいただくと喜びます
このブログの記事全てにおいて無断転載はお断りします
著作権は放棄しておりません


おしらせ
春雪(はるゆき)の詩をのせていただきました
「ざれごと」という名前で投稿させていただきました
コチラ
素敵なサイト様です

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。